不動産投資としての太陽光発電のメリット・注意点とは

場所を選ばないことが魅力

太陽光発電は、日当たりが良い場所であれば場所を選びません。送電設備も全ての場所にあることから、地方の広大な土地を使うことができます。農業よりも土地の広さ当たりの生産性が高いことから、多くの企業で太陽光発電が行われています。事業や住宅に利用するのが難しい場所の土地でも有効に活用できる手段であると言えます。太陽光パネルの発電性能も向上しており、さらに生産性が高まっていくでしょう。また、日本は年間を通じて昼の時間の長さがあまり変わらない緯度に位置していることも好条件です。

再生可能エネルギーは時代のトレンド

原発の稼働や化石燃料の枯渇が問題とされています。石油が枯渇するという話は数十年前からありましたが、新たな油田の開発に成功したことで乗り切ってきました。しかし今後もそれが続くとは限りませんし、埋蔵量の関係から採掘コストが上がる可能性が高いです。しかし太陽光は枯渇することはなく、公害を出すこともありません。太陽光発電投資は時代に合った投資であり、世界レベルでのエネルギー問題を解決する力にもなります。今後の発電量のシェアも上がっていくでしょう。

投資のポイントは設備の導入と維持

太陽光発電投資は大掛かりな設備が必要なことから、その費用は投資のリスク要因になります。アクセスが良くない場所で発電を行うと、設備の維持に費用がかかります。これは収益を圧迫する原因にもなりますし、設備費用を償却しないうちにトラブルが起こると投資は失敗します。そのため、発電設備を導入する際には実績があり、信頼できる業者に依頼しなければいけません。現在、太陽光発電設備を扱う業者は乱立しており、中には良くない業者も存在します。業者選びの際には情報収集をしっかり行い、リスク要因をなくすようにしましょう。

太陽光発電投資は、最初の初期費用はかなり高額ではありますが、その後の月々の光熱費はかなりお安く済みます。また、二酸化炭素の排出も抑えられるので、地球環境にも優しいです。