太陽光発電を自宅に設置?!得られるメリット3選!

電気代が安くなる?!

太陽光発電のソーラーパネルを自宅に設置することで、太陽光により作られた電気は自宅で使用することができます。そのため月々使用する電気は電力会社から購入するのではなく、自分たちで作り出した電気を使用することになるのです。電気を使ってもあまりほどの電力を作り出すことが出来るため、電気代がものすごく安くなるでしょう。自宅をオール電化にすればガス代も安く済むことになるので、家計にとって大きな節約となるのです。

災害時にも助かる?!

震災時電線などが切れたりするため、電気の供給がストップしてしまうことが多いでしょう。太陽光発電を自宅でしていると、パワーコンディショナーというシステムから自立運転モードというものに切り替えることで、最大1500wまで電力を使用することができます。大きな家電を動かすことは出来ませんが、携帯電話の充電をすることができます。災害時に携帯電話の充電やラジオの視聴が出来るということは情報収集出来るのでとても大切なことです。

余った電力は売れる?!

自宅で発電した電気を使用したが余ってしまったという場合、電力会社に高値で売ることができます。昼間働いていたり子供が学生だと自宅で電力をほとんど使いませんよね。夜は食事を作ったりお風呂を沸かしたり電気を付けることもありますが、夜も寝ている時は電力をほぼ消費しません。そのため余ることが多いと言えるでしょう。日中自宅にいない家庭にとっては副収入にもなりますし、家計にとってとても大きなメリットになるといえます。

太陽光発電とは、太陽光をパネル装置などによって電気に変換することです。発電した電気は家庭で使用したり、電気業者に売却することができます。