誰にも相談出来ない!包茎治療は自宅と病院どちらが良いの?

包茎治療って必要なの?

包茎で悩んでいる男性は意外と多くいるんですよ。包茎は日常生活に支障をきたす事がほとんどないといった理由から治療をしない方も珍しくありません。しかし、亀頭が皮に覆われている包茎は細菌が溜まりやすかったり、繁殖しやすい環境となっていて悪臭の原因となります。また、刺激に弱い事から早漏となり満足出来る性行為が行えなかったり、性病に感染するリスクが高くなっていたりとデメリットが多く存在します。デメリットが多い一方でメリットがほとんどない事から包茎は治療する事が推奨されているんですよ。

自宅での包茎治療って?

インターネットや雑誌の通販コーナーでは、自宅で治療出来る包茎グッズを目にする機会も多いですよね。誰にも知られる事なくコンプレックスである包茎を治療出来るといった点から購入する方も多くいます。また、商品価格もリーズナブルとなっているので気軽に試す事が可能ですよね。しかし、慣れない器具を使用する事で怪我をしたり包茎の症状を緩和する事が出来ても完治させれるグッズがほとんどない等のデメリットに注意が必要です。

病院の包茎治療は完治出来る?

病院で行う包茎治療には、完治させる事が出来るといった点が挙げられます。余った包皮を切除したりする手術を行う場合でも縫合箇所が目立たない亀頭の下の部分であったり、自然な仕上がりなる事で治療後に他の方に見られても包茎であった事がバレる心配がないんですよ。また、自宅で行う包茎治療とは異なり医療機関で治療を受けれるといった点から安全性も高くなっています。痛みに不安がある方でも麻酔を使用してもらえたりと安心して治療に専念する事が出来る環境が整えられているんですよ。

包茎とは男性器の先が皮に被っている状態のことです。手で皮が剥ける仮性、先が細く皮が剥けない真性、剥けたまま戻らず締め付けられてしまうカントンがあります。